経年劣化コーキングの隙間は雨漏り危険信号

経年劣化コーキングの隙間は雨漏り危険信号

2022/06/04 | 現場レポート 困りごと対策 屋根改修 防水改修

こんにちは!

佐工務店の岩佐です。

 

いつもお世話になっている会社様より

社屋鉄骨造の雨漏り調査の依頼があり

梅雨入り前ということもあり調査してきました。

雨漏り調査:雨漏りの跡


いろいろ怪しい箇所ところを確認していきましたが

どうも違う様子。

 

水掛け試験をしてみると、

予想とは違う場所から

雨漏りしていることがわかりました。

雨漏り調査:水掛け試験

 

屋上のコーキングが1ミリぐらい切れており

細い亀裂が入ってしまっていたのが原因箇所。

雨漏り調査:経年劣化のコーキング

 

目を凝らしてよく見ないと

分からないくらいの細い隙間。

なんとか場所を特定し、

補修をさせていただきました!

 

梅雨入り前に原因が分かって一安心ですが

コーキングはやはり経年劣化していくので

これからの対策も考えて早めの対処が良いですね。

 

みなさんのお宅や店舗、事務所、工場など

雨漏り対策は万全ですか?

 

コーキングはコンクリートやサイディング、

屋根、ドアや窓の周囲、

屋内では水回りなど

至る所に使われていますが、

コーキングの劣化を放置していると

雨漏りや外壁の劣化など

更なる被害を助長してしまいます。

 

ご自身で補習される場合は、

コーキングされている場所によって

コーキング剤の種類も異なるので

場所や材質にあったものを選んでくださいね。

 

ちょっとよくわからないな とか

雨漏り調査、些細な事でも気になる事があれば

一度ご相談ください^_^

 

 

関連記事はこちら↓

放置は危険!梅雨入り前に雨漏り調査

 

屋根防水層の膨れは雨漏り危険信号?!防水改修工事

 

知らないと損する!瓦屋根雨漏り調査。修繕費用に大きな違いが出ますよ。

 

 

 

佐工務店では、

お客様のご要望の中に隠れた目に見えないお困りごとも発見し

より幸せなライフスタイルへとお導きできる様、常に心がけています。

リフォームや修理、小さなお困り事でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

お電話でも受付しております。

佐工務店 お問い合わせ

 

 

Copyright ©2021 All rights reserved.