キッチンリフォームと気流止め。

キッチンリフォームと気流止め。

2021/09/12 |

夏も終わり、

秋の気配を感じる季節となりましたが、

コロナ感染もまだまだ油断出来ない状況。

早くコロナが落ち着き、

情緒を楽しむ生活を送りたいものです。

 

キッチンリフォームの相談

先日、キッチンリフォームの相談で築36年、公庫融資物件のお客様宅に訪問。

キッチンリニューアルと言う事で訪問させて頂きましたが、

お客様のお話から、キッチン以外にも

寒い、かび臭い、収納が少ないという事が現在のお困りごとの様です。

 

断熱改修

キッチンリフォーム:床下確認

ヒアリングをした後に、現状調査を行いました。

部屋のサイズ、現在お使いの家電サイズ、キッチンの高さ、など確認。

 

新たな提案をする上で、

既存の知る事が大切。

 

その後、寒さやカビ臭さの原因が多いと思われる床下確認↓

床下写真

床下の木材等はシロアリ被害もなく健全な状態でありましたが、

寒さや、かび臭い原因が多く潜んでいる状況です。

キッチンリフォーム:気流止め

調査を終了。現状を確認すると色々と見えてきました。

 

今回のキッチンリフォーム工事で

当社からの提案は・・・

・キッチン入れ替え

・収納スペースの確保

・新たな動線の確保

・床下防湿層の確保

断熱改修

最後の断熱改修がお困りごとを解消し、

暮らしを激変させるカギになりそうです。

断熱改修という言葉は一般的になってきたと思います。

 

現在の状況は、床下に断熱材が入っていない場状況ですので、

断熱材を入れて補強します。

さらに、床下の空気が壁内に入らない様に

部屋と床下空間をしっかりと分ける為に気流止めを行う予定です。

 

気流止め

マグ・イゾベール株式会社より気流止とは

いくら床下に断熱材を入れたからといっても、

この年代の家の構造であれば、

気流止をしなければ断熱効果は半減です。

工事費用が安価で効果は抜群です。

 

高価な断熱材では、改修する事なく、

コストパフォーマンスが高い工法で行うのが断熱改修の基本。

キッチンリフォーム:まとめ

今回キッチンリフォームの相談を受けまだ計画中でありますが、

一般的には、キッチンリフォームと言えば、キッチンのみ入れ替え通常。

しかも、提案・施工としても比較的簡単。

 

ただ、お客様のお困りごとを紐解いていくと

何十年生活していると、不満は満載なのです。

 

見た目だけでのリフォームでは、一瞬のリフレッシュは可能ですが、

なんら暮らしは変わりませんが、

動線や断熱性能を向上させる事で、

快適性が今後数十年続いていくのです。

もちろんコストはかかりますが、

それ以上の快適な暮らしがあるなら、

そちらを選択されますよね。

 

目には見えない提案が

最適な価格でどれだけ提案できるのかが

私達、工務店のスキルでもあるのでしょうね。

キッチンリフォームで質問のある方はこちらからどうそ。

Copyright ©2021 All rights reserved.