玄関リフォームの4つポイントをご紹介

玄関リフォームの4つポイントをご紹介

2021/07/20 |

姫路市で玄関をリフォームする際のポイントを解説!

先日問い合わせのあった、

玄関のリフォームについて記事をまとめてみました。

 

玄関で気に掛るのはどのような部分でしょうか?

見た目はもちろん、機能性や周囲の状況などに変化を加えることもできる玄関のリフォームですが、

いくつかのポイントを抑えることで満足度の高いリフォームを行うことができます。

玄関をリフォームする際のポイントについて紹介していきます。

 

玄関をリフォームする際のポイント:①ドアを交換するリフォーム

最近では断熱性の高い玄関ドアや

カードキータイプのドアが採用されている住宅も沢山あります。

玄関のドアはその住宅を象徴するものであるといっても過言ではなく、

また断熱性能的にも大切ば部分でもあり、

第一印象に関与する重要な部分です。

そんな玄関のドアですが、

いったい費用はどのくらいが相場なのでしょうか?

玄関リフォーム  

リクシルHPより

 

玄関のドアをリフォームする際の平均価格は20万円~30万円であり、

そのほとんどがドアの代金になります。

ドアの種類によってもう少し安くすることもできますが、頑丈さや見た目、既存との取り合い、

断熱性などを考慮すると、このくらいの値段が妥当といえます。

 

さて、ドアには引き戸と開き戸の2種類がありますが、

皆さんの住宅はどちらでしょうか。

 

また、リフォームを検討されている方はどちらにする予定でしょうか。

近年では開き戸を選択する方が若干多い傾向にあり、

欧風文化が浸透している表れともいえます。

 

しかし、高齢者の方が在住している住宅に関しては引き戸の方が、

開閉が楽なこともあり人気で、

バリアフリーを考慮すると引き戸がオススメされています。

玄関引き戸リフォーム

玄関引き戸リフォーム

YKK ap  HPより

 

 

ドアに関しては各社さまざな種類ございますが、

どの製品も見た目を大きく変えることができるので

リフォームをすることで、

その家の雰囲気が変わります。

 

デザイン面はもちろんですが、

機能面(開き戸か引き戸か)や住宅になじんでいるかも確認しながら慎重に選択するように心がけましょう。

 

玄関をリフォームする際のポイント:②玄関の収納などをリフォームすることもできる

玄関付近には、靴棚以外にも収納が存在している住宅もあるはずです。

玄関部分の収納には靴はもちろん、

子供達の遊び道具、アウトドア用品など、コートなど、

沢山の物を入れることができます。

玄関収納リフォーム

室内には持ち込みたくないようなバケツや外作業用品も入れておくことができるスペースも確保でき

車庫を保有していない方にとっては非常に便利な収納になります。

 

玄関に設置する収納にはいくつかの種類があり、

壁に直接取り付ける収納・カウンター型の収納・天井からつるすタイプの収納等、

それぞれの特徴に合わせた検討が必要になります。

 

まず壁に直接つけるタイプですが、

こちらは高さを調整することができるという特徴があります。

家族に身体の不自由な方がいたり、

高齢の方がいたりする場合には捕まることもできるので、

ちょうどよい高さを検討しながら取り付けることができます。

 

次にカウンター型の収納です。

比較的低い位置に取り付けられる収納になります。

値段も抑える事ができるでしょう。

壁を利用し、狭い玄関でも大容量で、

とにかく収納性を重視したい方にお勧めです。

 

最後に天井に取り付けるタイプの収納です。

こちらは比較的インテリア・デザイン的な側面で優れており、

棚が付いている物にしたり敷居の高さを変えることができるような仕様にしたりと、

空間を活かした収納が多くなっています。

 

玄関収納に関しては壁などとのマッチングが重要であり、

こちらも入ってからすぐに目に留まるため第一印象を大きく左右します。

 

玄関をリフォームする際のポイント:③土間の広さや見た目を変更する

土間というのは玄関部分における地面の事です。

基本的にはタイルによって覆われていることが多く、

この部分に関しては比較的簡単にリフォームが可能です。

そのため、費用を安く抑えることができ、

おしゃれなで落ち着きのある空間に変更することができます。

 

土間の部分は玄関を入ってすぐに目に留まる所で

こちらも印象を左右します。

玄関リフォーム

タイルは目地の掃除が少々大変ですが、

タイルのサイズやカラーを自由に変更することができるので

カスタマイズのバリエーションを豊富に組むことができます。

また、天然石を利用するときれいな土間にすることができます。

費用もタイルと同様の商品もございます。

 

また、玄関及び土間の広さによってもおすすめの材料は異なります。

比較的狭い土間であれば、

大きめのタイルを利用することで広く感じさせることができますし、

広めの土間であれば大理石などで統一感や落ち着きを持たせた空間を作り出すことができます。

玄関の広い部分を占めているのが土間であり、

必ず目に入るのでこだわりってお気に入りの材料を見つけてみましょう。

 

玄関をリフォームする際のポイント:④バリアフリー化のリフォーム

玄関をバリアフリー化するというリフォームもあります。

こちらは高齢者や障害のある方でも安全に利用できるよう、

配慮された玄関へとバリアフリーリフォームすることを指します。

 

具体的にはスロープの設置や手すりの設置などがメインの工程となり、

これまで以上に安全な利用がかのうになります。

 

一般的なリフォームとは少し内容が違うため、

謙遜してしまう方もいらっしゃいますが、

手すりなどは介護保険の保証分野であるため、

値段はそこまで気にすることなくバリアフリーリフォームに踏み切ることができます。

 

玄関は住宅の中でも唯一大きな段差がある部分であり、

浴槽の次に危険とも言われています。

普通の方にとってはそこまで重要な問題にはならないかもしれませんが、

両親や家族のためにバリアフリー化を目的とした、

リフォームをすることも検討してみてはいかがでしょうか?

 

玄関をリフォームする際のポイント:⑤玄関を広げるリフォーム

こちらは玄関自体の広さを広くするというリフォームです。

靴で埋まる程度の悩みであれば靴棚の増設で対応できることもありますが、

それ以外の理由で玄関が狭いと感じる場合には、

玄関の広さ自体を変更することもできます。

 

工賃は少々高くなりますが、

それ以上に何といっても使いやすくなるというメリットがあります。

 

新たに上がり框を設置するスペースが生まれたり、

家具を設置するスペースが生まれたりと、

カスタマイズの幅が一気に広がるので、

将来のことを考慮するとオススメしたいリフォームです。

 

とりあえず広さがあれば、

前述のバリアフリー化なども簡単に行えるため、

総合的に考えて余裕のある方は検討してみるのも良いでしょう。

 

まとめ:目的やリフォーム後の展望を意識したリフォームを実施する

今回は姫路市での玄関リフォームについて紹介してきました。

玄関のリフォームは住宅の見た目を大きく変えられるのが最大の特徴であり、

訪れた人にも様々な印象を与えることができます。

 

他の家の玄関を見て様々な考えを持った経験のある方も多いはずですが、

それだけ周りから見るとよく目に留まるのが玄関なのです。

 

ドアはもちろんですが、土間・収納などの細部までこだわることもでき、

費用も1か所50万円以下と比較的低価格でリフォームを行うことができます。

 

破損などで困っていない場合には、

早急に行う必要は無いかもしれませんが、

ぜひ住宅のイメージアップに玄関のリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

リフォームの相談はこちらから

Copyright ©2021 All rights reserved.